〒689-5665 鳥取県日野郡日南町下石見1829-103「日野川の森林(もり)木材団地」TEL:0859-83-612

  • Home
  • オロチブログ

☆日南町の話題☆企業立地で協定締結(19.05.28)

5月27日 月曜日 鳥取県知事公邸にて日南大建が鳥取県、日南町と企業立地協定を交わされました。

日南大建株式会社は4者との合弁会社で、大建工業株式会社、弊社と日南町森林組合、越井木材工業株式会社との間で、日南町における「木材総合カスケード利用」に関して具体的な事業化に取り組むことに合意し設立された会社です。

新工場には木材の防腐、防蟻処理ができる薬剤を注入する設備が導入される予定で、加工処理された付加価値のあるLVLが製造されます。将来的には不燃加工した製品の生産も視野に入れているそうですので、地元住民としてもこれからの事業発展を楽しみにしています。

温暖化が進みシロアリ被害や集中豪雨なども増えてきているのでニーズに合った防腐、防蟻処理されたLVL製品が出来上がるのは魅力的ですね!

☆田植え☆(19.05.09)

風そよぐ木々の緑もまぶしい季節となりました。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

日南町では、ゴールデンウィーク中に田植えを済ませた方も多いと思います。

漢字からお米作るのには88の作業が必要と言われてきました。

現代では機械化が進み作業効率がかなり上がりました。

例を挙げると昔は牛を使って田んぼや畑を耕していたようですが、現在はトラクターで耕していたり、

昔は、一株ずつ手で植えるために、家族や近くの親戚を呼んで大勢で行っていたようですが、

現在は田植え機を使用しています。

地元の小学校では、お米作り体験を毎年行っておられます。

飽食の現代において、お米作りの大変さを学べるとともに、食べ物の大切さを学べる貴重な体験になると思います。

また、空気もおいしく、季節を肌で感じることもできますし、田んぼが育む生態系も学ぶことができます。

最後は餅つきをし召し上がるそうです。自分達が作ったお餅は格別に美味しいでしょうね!

鏡富士ならぬ鏡( ? )をご紹介して本日のブログを閉じます。

❤。カラマツの様子。❤(19.04.18)

先日休日を利用してドライブがてらカラマツの成長の様子を写真に収めてきました。

このカラマツは、平成30年10月15日に弊社の竣工10周年記念でカラマツを植樹したものです。

詳しくは、以前のブログ(株式会社オロチ 竣工10周年記念植樹祭(18.10.15)ブログ)に掲載していますのでご覧ください。

 

写真を撮影した日は小雨が降っており少し肌寒かったですが、

枝には木の芽が付いていました。

 

冬季には積雪があるため重さに耐えきれず倒れている樹もありました。

積雪の多い地区でも雪越こしをすることにより真っ直ぐな樹木に成長するそうです。

 

遠目から見ると分かりづらいですが、少しずつ成長を遂げております。

 

近くには川があります。

オオサンショウウオなどが生息しているかもしれませんね。

オオサンショウウオとは、国の天然記念物でオオサンショウウオ科の日本固有種で世界最大の両生類です。

スイスで発見された3千万年前の化石と今の姿がほとんど変わっていない「生きた化石」なのだそうです。

 両生類なのにほとんど陸に上がらなく、全長60㎝程度の大きさですが、

最近の記録では全長148㎝、体重30kgというのもあるそうです。

ダム建設や河川改修などで生息環境が変化したためか、大きい個体が見られなくなっているようです。

話は変わりますが、日南町のゆるキャラはオッサンショウウオです。

「オオサンショウウオ」と「おっさん」が融合!ゆるさ、可愛さ、キモさ、男臭さ、み~んな詰まった日南町のPR大使です。

個人的にはキモさというより可愛いキャラクターで、以前、イベント会場で出会った時には愛嬌があってノリも良く好感度抜群でした。

デザインの使用について届が必要となり今は掲載できませんが、日南町役場のホームページ等でご覧いただけます。

゜。。✿春の風✿゜。゜(19.04.14)

日南町ではさくらが満開となり春の風を感じながら過ごせる季節となりました。

何年もお花見から遠ざかっていますが、日本特有の文化でもあるのでお花見会をしたいと考えているところです。

今年の桜は皆様の目にどのように映りましたでしょうか?

田んぼを耕すこの季節には

日南町内の日野川沿いの堤防などに水仙が可愛らしく咲き誇っています。

この水仙は数年前に町づくり協議会の助成金を受けて地区の有志の方々が植えてくださったそうです。

桜並木と一緒に楽しまれてはいかがでしょうか。

ピーピー草のつるもお花と一緒に元気に成長しております。

子どもの頃はピーピー草のさやを使って音を鳴らして楽しんだものです。

マメ科・ソラマメ属の植物で一般的にはカラスノエンドウと呼ばれていますが、

学術的にはヤハズエンドウで統一されているそうです。

実は、このカラスノエンドウは若芽の天ぷら、胡麻和え、炒めもの、卵とじ、味噌汁、お吸い物等

にすると美味しいそうです。また、薬膳茶にすれば胃もたれや咳止めに効果があるそうです。

今が旬のタケノコなどと一緒にお吸い物にすればおいしそうですね!

栄養と健康効果について調べてみました。

クエルシトリン:便秘対策

アイピン:精神を安定させる効果(イライラや不眠対策)

ビタミンB1:炭水化物・たんぱく質・脂質の代謝に関わり、エネルギー生産のサポート効果がある。

とくに、脳の主なエネルギー源となる炭水化物の代謝に深く関与している大切な成分とのことです。

現代は玄米をあまり食べなくなってビタミンB1が不足しがちになることがあるようですし、

また、糖質を多く摂る人や、良く体を動かす人はエネルギーの産生が盛んなため、より多くの

ビタミンB1を必要としますので不足しないよう注意が必要です。

今までは、どこにでも生える雑草と思っているものでも、

調べてみると体にも良い食べ物だったんですね。

日南町立林業アカデミー 覚書調印式(19.3.20)

春が近づき、少し暖かくなり朝夕も過ごしやすくなってまいりました。

卒業式、入学式、また、会社でも人事異動がある時期で思い出のページが増える方も多かろうと思います。

忙しい時期ですが、安全運転、健康面等に気を付けてお過ごしください。

さて、3月20日(水) 日南町立林業アカデミーの運営協力に関する覚書調印式がにちなん中国山地林業アカデミーで行われ、

弊社も日南町立林業アカデミーサポートチーム構成員として調印式に参加いたしました。

これは、日南町が林野庁の「林業成長産業化地域創出モデル事業」の事業採択を受けて林業の成長産業化と林業の担い手の育成に取り組まれます。

町村立では全国初の事業で、林業の知識・技術を有する担い手の育成を主とし、将来的には地域に密着して健全な山づくりが行えるよう教育されます。

4月3日(水)に開校式が行われ、町内外から7名が1年間研修をし、その後は即戦力としてご活躍をされるご予定です。

日南町は全面積の9割が森林が占める田舎ですが、移住食の環境も整っており、資格も1年間で多数取得でき、年間のカリキュラムもしっかりと組まれており、授業料も安く、アルバイトも可能です。

興味、体力、やる気のある方は是非ご参加くださいませ。

日南町でお待ちしております。