〒689-5665 鳥取県日野郡日南町下石見1829-103「日野川の森林(もり)木材団地」TEL:0859-83-612

社長挨拶

代表取締役  森 英樹

 八岐大蛇(やまたのおろち)伝説の残る地、鳥取県日南町は、中国山地のほぼ中央部、島根・岡山・広島の三県に接し、その約90%が森林で占められています。
 この日南町内に2006年に会社を設立し、地域材(杉・檜)によるLVL(単板積層材)の製造・販売を開始いたしました。設立当初の技術的な数々の試練を乗り越え、10年余が経過し、おかげさまで県内はもとより全国各地の住宅建設メーカー様にご使用いただいております。
 ㈱オロチが所在する「日野川の森林(もり)木材団地」には木材市場・チップ工場もあり、地域から出材される原木はA材からC・D材まで余すことなく利用できる体制にあり、オロチ設立当初年間3万㎥程度であった町内産丸太出材量は現在約10万㎥まで増加し、地域の森林利用に大きなインパクトを与えて参りました。また、戦後、山林に植栽された樹木も高齢木が多くなり、伐採・搬出・加工も現状の機械では年々難しくなってきております。山を若返らせることで成長量も一層増加することから、一定量の皆伐再造林の仕組みを日南町森林組合はもとより、各事業者と連携しながら早急に取り組んで行く必要があると考えています。一方、町内森林はFSC認証林を多く有することから、認証材(CoC材)によるLVL製造・販売も可能であることから、森林のより適切な循環利用にも貢献できるものと考えております。
 今後の国内住宅着工件数の減少に対処するため、一層の品質向上、コスト削減はもちろんのこと、様々な企業と連携・協調しながら、新製品の開発・生産等に積極的にチャレンジしてまいりたいと考えています。
 今後とも国産材の利用増大、付加価値の創造を目指し、お客様から信頼されるLVL製造メーカーとして、そして、従業員一同が真の豊かさを実感できる「地域企業」として着実にステップアップしていきたいと考えております。

(2019年8月)

 

つながり続ける8つのS

8つのs

ロゴイメージ

logo

 OROCHIのOは、人と人とのつながりの輪。 Rには神話の「八岐大蛇」の尻尾(日南町にある源流)、緑線は日南と湯の自然豊かな地。HとIで森林の木々をイメージしている。穏やかな曲線で組み立てた字体は優しさを表現している。また、OとRを絡ませて、結束の強さも表している。

《カラーについて》

 水と自然豊かな日南。 ひっそりと静かな山間で、力強く生える緑は、生命の輝きを表現している。 日本古来からある伝統色の紫は、神秘的な色で、神楽や伝統などをイメージ。上質で洗練された明るい雰囲気を出している。

シンボルマーク

シンボルマーク

 八岐大蛇に関わる8の数字を使い、無限につながる可能性と自然環境の循環をオロチで表現。3本の線は、「太陽(アマテラス)」「月(ツクヨミ)」「地球(スサノオ)」の三柱の神々を味方に躍進することを単板積層材をモチーフに表現している。